がむしゃら不動産経営

ただ会社員が完全な経済的な自由を手に入れるまでを綴ります。巷の本のようなスマートな話はありませんが、確実に前に進んでいきます!

不動産経営(不動産投資)に「必要なこと」「知識」とは?

f:id:formosa1:20210217194644j:plain

不動産経営(不動産投資)するためには不動産を買わなければいけません。不動産経営にはワンルームなら数百万〜数千万、一棟なら数千万〜数億程度のお金が必要になるでしょう。ワンルームなら自己資金で購入できる人もいると思いますが、一棟の場合はほとんど場合、融資が必要になると思います。
数千円・数万円から投資できる株や為替と違い金額も数千万円と大きいので購入となると判断できず躊躇う人は多いと思います。

それでも、不動産投資をしたいという方のためにこれまで独学で不動産経営をしてきて筆者が思う必要な知識を紹介したいと思います。

①目標を設定する
②様々な大家さんのスタンスを知る
③基礎知識(簿記・法律・不動産)を学ぶ

 

①目標を設定する
そもそも、不動産経営を始めたいとして、なぜ不動産経営(不動産投資)を始めたいのでしょうか?
余裕のある生活を送るため?経済的に自立するため?
人によって答えも違うと思います。
ただ、ここの目標がブレブレだと、いざ業者より不動産を紹介された時に、迷いが生じて物件を買うという判断ができません。なので、不動産に興味を持っている方は「なぜ不動産投資を始めるのか」ということを考えましょう。
もう少し具体的にいうと、「今の給料より月数万円程度別の収入があればいい」という人はワンルーム一戸で十分です。「いや、月100万以上欲しいんだ!」という人は数年かけてアパートを買い続ける必要があります。つまり、目標によって、購入対象・頻度等が変わるので、予め目標を設定することが大事なのです。

 

②様々な大家さんの投資スタンスを知る
目標と同じで、投資の方法は大家さんの数だけあります。
都心を好む人、地方を好む人、区分派、戸建派、木造派、鉄骨派などなど色んな方法があり、それぞれにおいて成功している人がいますし、どれも正しいと思います。
それらをネットのコラム・ブログ・本などで読んで、自分に合ったスタイルを生み出していったらと思います。
注意する点は、何事も始める前になるべく再現性の高い方法を真似しようとしますが、仕事の忙しさ、家庭環境や市況(物件価格・融資情勢)、知識、性格などが異なるため完全に真似することはできません。なので、色んな大家さんの投資スタイルを知り、自分自身の目標を達成するために、購入する不動産の基準を作りあげていきましょう。

 

f:id:formosa1:20210217200722j:plain

③基礎知識を学ぶ
不動産は高額な買い物です。
無知なまま営業マン・知り合いの薦めに乗ると新築ワンルームみたいに割高で買ってしまったり、最悪かぼちゃの馬車みたいなことになってしまったりすることもあります。そうなると再度立ち上がるのは大変です。精神的にも経済的にもかなり擦り減ってしまいます。もちろんよく分からないまま購入したものが毎年多くのキャッシュを生む良い不動産だったということもありますが。
なので、時間がある方は、不動産を購入する前にある程度の知識を身につけておきましょう。必要な知識は「不動産に関する知識」「法律」「会計」です。
不動産に関する知識は、②で書いたような先輩の不動産投資の本を読んでは身につけましょう。色んなのがありますが、最初は投資全般に関するもの(有名なものではロバート・キヨサキの「金持ち父さん貧乏父さん」があります。)を読み、次に不動産投資の入門編、気になる投資対象に関する本を読んで理解を深めたらいいと思います。(筆者も不動産投資を始める前に50冊程度様々な本を読みましたが、その中で特に参考になった本はまた紹介したいと思います。)

また、不動産を本格的に事業とする場合は「簿記」「宅建と言った資格を取得しておくと合理的な判断ができるようになったり、不動産業者へのけん制にもなり、いい加減な提案をしなくなったりとメリットが沢山あります。

 

最後にここで紹介した①②③について、自分なりの目標・知識が身につけたら、実際に不動産を購入する為に行動しましょう。良い不動産を購入する為には購入者としての姿勢も大事です。お客様だから紹介しろというような偉そうな姿勢だと不動産業者は紹介してくれません。詳しくは以下の記事を読んで頂ければと思います。

 

本日もお付き合い頂きありがとうございました。

 

にほんブログ村に参加しています!クリックしてくれると嬉しいです。 

ブログランキング・にほんブログ村へ